これだけは知っておきたい円形脱毛症の原因と治療法の基礎知識

円形脱毛症の原因と治療法

円形脱毛症の原因とは

円形脱毛症の発症原因で最も多いのが精神的ストレスと言えます。ストレスにより交感神経が働く様になり、その結果血管が収縮されて血行が悪くなってしまいます。頭皮は体の末端部分に位置し心臓から離れている上に重力に反した場所にあるから血行悪化の影響で栄養が行き届かなくなり円形脱毛症になってしまいます。

その他にも遺伝やホルモンバランスの乱れ、アトピーなども原因として考えられています。さらに外部からの刺激から体を守る為の免疫機能が何かしらの理由で過剰反応し円形脱毛症が起こる場合もあります。

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症の治療法としてはステロイド局所注射と局所免疫療法が推奨されています。ちなみにステロイド局所注射というのは炎症、免疫機能を抑制する働きがあるステロイドを髪の毛が脱毛している場所に注射で注入する方法です。

ストレスなどが原因の場合はストレスから距離をおくことで自然と症状が改善されるケースが多いのですが、症状が改善されない場合に行われることが多くかなり高い確率で発毛効果が実感できます。ただ注意して欲しいのはステロイドの副作用の恐れがある点です。だから子供に対しては行うことが出来ませんし注射の際には強い痛みがあると言えます。

あと局所免疫療法は人工的にかぶれを起こす化学試薬であるスクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)、ジフェニルシクロプロペノン(DPCP)を使用しかぶれを起こすことで発毛を促進させる治療方法と言えます。