男性に多い脂漏性皮膚炎とは?その原因と治療法について

今回は、脂漏性皮膚炎について、簡単に解説してみたいと思います。

脂漏性皮膚炎って一体何?

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は、頭皮に皮脂や汗が多く分泌された状況下でマラセチア(カビの一種)が増え、炎症を引き起こしてしまった状態のことをいいます。

脂漏性皮膚炎になると、頭皮は赤くなり、痒みを伴うだけでなく、皮がポロポロと剥がれてくる場合もあります。
一見すると、沢山フケが出ているだけのようにも見えるので、しばらくは脂漏性皮膚炎だと気付かないことも少なくありません。

脂漏性皮膚炎の対処法とは?

脂漏性皮膚炎になってしまうのは、頭皮が不潔な状態であることが主な原因です。
よって、普段から頭皮を清潔な状態に保っておくことが重要です。
毎日の洗髪はもちろんのこと、人よりも脂っこい体質だと感じているような人であれば、薬用シャンプーを使ってみるのも良いでしょう。

ちなみに、先程から「頭皮」と書いていますが、脂漏性皮膚炎は頭皮以外でも皮脂の分泌が多い、鼻の周辺や、耳の裏、脇の下なんかにも起こりやすいと言われていますので、入浴の際には洗髪と併せ、そういった箇所も念入りに洗っておきましょう。

他には、脂っこいものの摂取を控え、バランスの良い食事を摂る、規則正しい生活をし、ホルモンバランスを整えるといったような毎日の心がけも重要です。

もしも、脂漏性皮膚炎になってしまった場合は、早めに医師に相談しましょう。
先程の項目でも触れた通り、最初の内は単にフケが多いだけかと勘違いしがちですが、放っておくと治りにくくなり、発症が慢性化する可能性もあります。